ワキ脱毛でワキガになってしまうのは本当か?

グーグルで「脇脱毛」って検索しようとするとよく検索されるキーワードに「脇脱毛 わきが」があります。

kensakukekka

多くの人が気になっている事のようなのですので、詳しく調べてみました。

ワキ脱毛はワキガを軽減する方法として医師も推奨している

結論としましては、ワキ脱毛をしてもワキガになりません
よしき皮膚科クリニック銀座院長の吉木伸子先生によると、ワキガの治療法には2種類あり、それは手術と脱毛だと仰っています。

ただ、ここでいう脱毛は医療用の電気針脱毛でアポクリン汗腺を破壊してワキガの症状を抑える治療であって、エステサロンの光脱毛や医療レーザー脱毛のことではありません。

なので、ワキガを治したいから脱毛するのはおすすめしません

それでも、「脇の毛が長いと蒸れて雑菌が繁殖しやすいため、毛は常に処理しておいたほうがよいでしょう」と仰っており、脱毛とワキガは関係ないようです。

そもそもワキガの原因ってなんなのか

ワキガの原因はアポクリン汗腺から分泌されるネバネバした汗です。だれでもアポクリン汗腺はあって分泌液はでているのですが、その量が問題です。汗腺が多い方、太い方は臭いもきつくなってしまいます。

服で臭いが拡散されやすくなるのでは?

なぜワキ脱毛をするとワキガが強くなったように思うのか考えてみました。

ワキ毛がある状態だとアポクリン汗腺から分泌された液がワキ毛に絡みつき蒸れて臭いの原因になる雑菌が繁殖しやすくなります。

そうだとすれば、ワキ毛が無いと蒸れにくく雑菌も繁殖しにくくなるのではないでしょうか?

仮にワキ毛が無いと蒸れにくく臭いも出にくいとしましょう。
でも私たちは服を着ております。シャツにアポクリン汗腺分泌液が付着して蒸れて雑菌が増えてもワキ毛がある時と同じように臭いを発してしまうのではないでしょうか。

さらにワキ毛よりも外側にある服ですので、必然的に鼻までの距離も近くなります。

おそらくそういう理由で「ワキ脱毛したらワキガになった」と感じる方もいるのでしょう。

汗わきパッドが効果的

wakiaseでは、どうやってそれを防ぐかですが、汗わきパッドなどを使用して服にアポクリン汗腺分泌液が付かないようにすればいいのです。

汗わきパッドは、ニオイを防ぐ効果を謳っているものもありますので、そういう機能があるものがよいでしょう。

汗わきパッドを使う使わないはワキ脱毛をしてるしてないにかかわらずおすすめです。ワキの汗ジミって恥ずかしいですからね。

24時間いつも汗わきパッドを使える状況でもないと思いますので、そんな時、肌着は天然素材や抗菌素材のものがよいでしょう。

抗菌効果の無い化学繊維の下着って蒸れやすくてニオイのもとになる雑菌が繁殖しやすいです。個人的にも少し思い当たることがありましたので、私は化繊の下着(シャツ)は着ません。