ワキの黒ずみの原因は肌に継続的な刺激を与えること

ワキに限らずお肌に刺激を与えるのは黒ずみの原因になってしまいます。

黒ずみの正体はメラニン色素

ワキに限らず肌が黒ずむのはメラニン色素が原因です。
メラニン色素は表皮の底で作られますので、皮膚の奥(真皮層)から黒ずんでいるわけではありません。

黒ずみが何であるかはわかりました。では、なぜメラニンは生成されてしまうのでしょうか。

肌は自分自身を守るためにメラニンを生成する

日焼けをすると黒くなりますよね?
これは紫外線が肌の奥(真皮)にダメージを与えないよう光を遮断するために起こる防衛反応です。

紫外線は細胞を破壊する光線なので黒いものでシャットアウトして上げる必要があるのです。

でも、日焼けをすると黒くなって細胞を防衛するのはわかるけど、カミソリでムダ毛を剃り続けたり、毛抜きを使い続けても黒ずんでしまうのは納得がいきませんね。

私が思うに太古の世界では紫外線以外に外的刺激というのは無かったのではないでしょうか。
そのため、人間の体は「刺激を受けたらメラニンで真皮を守れ」という反応がでてしまう作りになったのではないでしょうか。

お肌に負担をかけないことが大切

文明・文化が発達するスピードに体の仕組みは合わせてくれません。「自己処理をし続けてメラニンが生成されるのはおかしい!」と思ってても、体はそのようにとらえてくれません。

だからこそ、肌に刺激を与え続けないようにしなくてはいけないのですね。